バナー

Pマークの取得はスタートラインに過ぎない

Pマークは個人情報保護を行っているということを示すために価値の高い物ですが、しかしこのPマークを取得することはゴールではなくスタートラインであるということはしっかり知っておかなくてはなりません。

ではどうしてゴールではなくスタートラインなのかというと、そもそもPマークは取得した後に無条件で永遠に認められるものではないからです。
制度上、取得した企業に対してマークが有効とされるのは2年間とされており、この2年間という期間が過ぎるまでに更新審査を受ける必要があります。

この更新審査は取得の際と同様に個人情報保護のための体制がしっかり組まれているか、また運用の中で問題は無いか、今後運用していくことができるかといったさまざまなことがチェックされます。
そのため一度苦労して取得したとしても、その後の取り組みが不足していると判断されれば使用許諾が撤回されることもあり得るのです。



それにこのPマークは「個人情報保護に対して取り組みを行っている」ということを証明するものですから、その証明を裏切らないためにも企業には常に個人情報を保護するための取り組みを実施していくことが求められます。



昨今ではこのPマークの使用が認められたにもかかわらず個人情報を流出させるなどの事件によって撤回されている企業がありますから、手に入れてゴールとするのではなく手に入れたタイミングが取り組みへのスタートラインと考えるようにしましょう。