バナー

Pマーク取得までにかかる費用について

Pマークとは、個人情報保護に関して一定基準を満たしていると認証された事業者に対し付与されるサービスで、第三者機関によって認定されます。
個人情報の漏えいが会社の信頼を全て失ってしまうことにつながる現代では社員の教育はもちろんのこと、会社全体として個人情報の取扱を見直すことが必要になってきます。

こうした会社での取り組みを行っていますとアピールすることができるのがPマークです。

では取得にかかる費用とどんなことが必要になってくるのでしょうか。まずは、個人情報の取り扱いが自社内ではどれに当たるのかを調査分析することから始まります。

これに対し、コンサルタント会社に依頼するのであれば、Pマーク取得に必要な費用が発生します。

Pマーク費用のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

その他、申請手数料や調査手数料、Pマークの使用料が必要な費用として計上されます。


これはあくまでも基準となる目安の費用で、規模が大きくなればそれだけ費用がかかってきます。
取得するだけでなく、取得後に継続して使用していくためには、更新が必要で、2年に1度の更新を行います。


また、社員への教育を実施していくことも必要で、そのためにかかってくる変動費や固定費が発生します。
取得するために会社の方針を決める必要があり、個人情報を取り扱う機関としてはメールや電話、書類や電子媒体、顧客の情報だけでなく、社員の情報も個人情報となります。

NAVERまとめ情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

こうした調査分析を行い、初めて会社として個人情報に関する教育をしていくことにつながります。