バナー

Pマークを取得するための申請手続きについて

プライバシーマーク(通称・Pマーク)とは、日本工業規格に定められる「JISQ15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」を元に、個人情報について適切な保護措置を行っている事業者などを認定してPマークを付与し、個人情報の保護に対する消費者の意識の向上を図ることを目的としています。
Pマークを取得可能な事業者の条件としては、日本国内に活動拠点を持つ法人で、JISQ15001に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを定めており、かつ実施可能な体制が整備されており、個人情報の適切な取扱いが行なわれていることなどが挙げられます。

Pマーク取得を検索してみてください。

Pマークを取得するためには、まず新規申請書類一式を揃える必要があります。


様式は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営するプライバシーマーク事務局のウェブサイトからダウンロードできます。

必要事項を全て記載した後に、付与機関(JIPDEC)の受付窓口またはJIPDECが指定した審査機関(JIPDECウェブサイトにて公表されています)に提出します。
担当機関の方で書類一式を確認し、不備がなければ取得を目指す事業者に申請料請求書が送付されますので、指定口座に申請料を振り込みます。

教えて!gooの知識が一目瞭然です。

入金が確認されると、審査機関はPマーク取得資格の有無や事業概要からの業種判断などの審査を行います。



無事審査に合格し申請が正式に受理されると、事業者に、「プライバシーマーク付与適格性審査に係る申請書類受領書」が送付され、業種と規模について連絡を受けることになります。